よくある質問集

株式投資に関するお問い合わせの中でも、最も多く寄せられる質問とその回答を集めました。

質問一覧

「株」ってそもそも何ですか?
「株」とは、会社が事業を行う資金を集めるために発行する有価証券です。株を購入することにより、あなたはその会社の一部を所有するオーナー(株主)となります。 会社が儲かって利益が出た場合、株主は「配当」という形で利益の分配を受けることができます。
また、業績の好調なその会社の株を欲しいという人が増えると株の価格が上昇するので、そこで株を売れば買った時との差額があなたの儲けとなるわけです。
株はどこで買えますか?
株は証券取引所で売買されています。しかし直接証券取引所に行く必要はありません。証券会社に頼んで売買をしてもらいます。注文の方法も
  • 証券会社の窓口で。
  • インターネットを通じてパソコンから。
  • 携帯電話から。
  • 家の電話で。
など、さまざまあります。
株を始めるにはまず何をすればいいですか?
証券会社で口座の開設をします。直接窓口へ行くのもいいですが、ネット証券会社なら手軽に自宅で手続きできます。
ホームページに行き、「口座開設」のページから住所・氏名など必要事項を入力し送信します。すると数日後に申込書が送られてきますので、それに署名、捺印し、本人確認書のコピーを同封して返送します。数日後、パスワードなどが記載された書類が届きますので、その説明に従ってインターネットからあなた専用のページに入ります。そして口座に入金すれば株取引ができるようになります。
いくら用意すればいいのでしょう?
口座の開設自体は無料です。また、数千円から買うことのできる株もありますので、まずはお小遣いから気軽に始められます。
その他にもお金はかかりますか?
手数料がかかります。まず株を売買する時にかかる「取引手数料」。もうひとつが、口座を維持・管理するための「口座管理料」です。ただしこれらの料金体系は証券会社によってさまざまです。
どこの証券会社がいいですか?
株は売買するたびに「取引手数料」がかかります。その手数料がかさむとせっかくの儲けが台無しになってしまうこともありますから、手数料の大小は会社選びの際の非常に重要なポイントです。
手数料の料金体系は会社によってさまざまですが、店舗型の証券会社に比べて店舗を持たないネット証券会社の手数料が安くなっています。また、ネット証券会社のほとんどが「口座管理料」は無料となっていますので、少額の資金でも大切にしたい個人投資家の方にはネット証券会社をオススメします
どこのネット証券会社がいいですか?
ネット証券各社の取引手数料もいろいろですが、基本的には「1回の取引ごとにかかる手数料」と「1日に何回取引しても定額の手数料」にわかれています。当然「1日に何回も取引する人」にとっては後者を選択した方がトクということになりますが、取引を始めたばかりの人はそう何回も取引することはないでしょうから「1回の取引ごとにかかる」タイプを選択すればよいでしょう。
取引に慣れてきたら自分の投資スタイルに合った会社を選びましょう。そのために、3つ4つと複数の会社で口座を開設することもオススメします。
初心者なのに口座をいくつも持ってしまって大丈夫でしょうか?
口座開設自体は無料ですし、開設したすべての口座で取引をする必要はありません。各社それぞれ特色がありますので、自分に合ったサービスを提供してくれる会社を利用すればよいでしょう。
「取引画面の使い勝手」なども、実際に使ってみないとわからないものです。また、何かと心細い初心者にとっては、コールセンターやメール問い合わせ窓口など、心強いサポート体制があるかどうかは信頼度の目安にもなりますし、実際取引する上でとても重要です。わからないことを率直に電話やメールで問い合わせてみると、その反応でサポート体制の良し悪しがだいたいわかるでしょう。
株で儲かった時、税金はかかりますか?
はい。儲かった時には税金がかかります。
利益の分配である「配当金」は自分の手元に入金する際、すでに源泉所得税が引かれていますが、この配当金の他に、どんな収入が、いくらあったか、によっては税金が返ってくることがあるので、確定申告をする、しないを選択することになります。
一方、「株を売って利益を得た場合」の納税方法ですが、こちらは証券会社の口座を開設する時に、あらかじめ税の納め方に関してタイプの分かれている口座のどれを選択するかを決めておきます。
ひとつは証券会社に源泉徴収してもらうやり方。こちらは売却額入金の際に適正な額で税金を天引きしてくれるので、自分では納税の手続きは不要です(このタイプを「特定口座(源泉あり)」と呼びます)。
残りは自分で確定申告する方法です。こちらの場合は「収支計算までは証券会社でやってもらうタイプ(「特定口座(源泉なし)」と呼びます)と「収支計算も確定申告も自分でするタイプ(「一般口座」と呼びます)」に分かれます。
税金の申告にはとても面倒が多いので、特別なことがない限り「特定口座(源泉あり)」を選択する方が多いようです。
「自分なりの投資スタイル」って?
どんな株を選んでどう取引すればいいのか。初めのうちは考えただけで気が遠くなりそうですよね。しかし、投資スタイルはあなたの普段の姿と密接な関係にあります。日中に時間のある方、夜間しか時間の取れない方。一人暮らしの方、お子さんのいる方。ひとりひとりのライフスタイルはさまざまです。のんびりした人、せっかちな人、マメな人、面倒くさがりな人など、性格の違いもまたしかり。時間の取り方、取引の方法など、自分のライフスタイルや性格に合わない投資には必ず無理が生じてきます。逆に言えばあなたなりの投資スタイルは自然と身についていくのです。「お金と時間」という、とても大切なものを使うのですから、生活にも性格にも負担のかからない、長く、楽しく続けられるような投資スタイルを見つけてください。

>> ページトップへ戻る