円高ミニシリーズ 意外と知らせていない円高と株価の関係

ニュースでは「円高が止まりません」って、なんだかタイヘンそう。大きな声では言えないけれど、実は円高ってよくわからない・・・円高ってそもそも何?円安とどっちがいいの?何かしなきゃいけないの?そんなギモンにお答えします。

円高・円安って何?

円高・円安って何?

ニュース番組がいよいよ終わろうとし、お別れのあいさつの直前、決まって耳にするフレーズがあります。

  「日経平均株価は・・・」

これは、ご存じのとおりその日の株価の指標です。そしてもうひとつ、セットで紹介されるフレーズがありますね。

  「今日の円相場です。1ドル○○円××銭・・・」

  これも必ず耳にする言葉です。さらにキャスターは、時々眉をひそめてこう言うのです。

  「今日もより一層、円高が進んでいます」「ますます円安傾向にあるようです」

円高も円安も聞きなれた言葉です。しかし不思議なのは、円高と言う時も円安と言う時もニュースキャスターは困ったような顔をしている、という事です。円高と円安、両方ともよくない事なのでしょうか?

円相場ってなに?

私たちが普段使っているお金はご存じの通り「円」ですね。国内のどこでも使えます。しかし、海外旅行など外国で物を買おうとする時は、基本的に円のままでは受け取ってもらえないので「その国の通貨」に交換しなければなりません。

それがアメリカだったら、当然「ドル」に交換しますね。その時の「1ドルを何円と交換するか」という「交換条件」は一定ではなく、常に変動しています。この日々変動する交換条件を「為替相場」といい、特に私たちの通貨「円」の立場から見た場合を「円相場」と呼びます。

円相場の推移

「なぜ変動するの?」と疑問に思いますよね。お答えしましょう。その理由は「いろいろ」です。大雑把ですみません。しかし、国同士の通貨の交換条件は、実にいろいろな理由によって日々刻々と変わっているのです。詳しくは、のちのち一緒に学んでいきましょう。

いつが円高?いつが円安?

「1ドルを何円と交換するか」という条件は常に変動している、と書きました。それでは

 1ドル=150円の時と1ドル=100円の時、どちらを円高と言うのでしょうか。
 答えは1ドル=100円の時です。

100円と150円を比べたら当然150円のほうが高いですよね。
 「そっちを円高って言わないの?」
 そうなんです。言わないんです。
 この「円高」の「高」とは「円の価値が高い」ということを表します。
 「1ドルを手に入れるのに150円かかる」
 「1ドルを手に入れるのに100円で済む」
 どちらが「円の価値が高い」か、は簡単な話ですね。

交換条件を表す時、1ドル=○○円というようにドル側の立場から表わすのでややこしくなってしまうのでしょうね。「○○円の部分が安いのが円高。高いのが円安。逆だな」という覚え方をしている方も多いと思います。言葉を覚える上ではそれでもいいでしょう。ただひとつ注意しなければならない事があります。円高、円安というのはあくまでも

  「ある時と比べて円が高い・安い」

  という事を指しています。「今は円安だから」と言う時は「ひと月前より」とか「去年の今頃より」など、「ある時、ある期間」と比べて円安だと言っているのです。1ドル=△△円からは円高、それ以上は円安、という基準があるわけではありません。

ですから、ニュースで円高、円安という言葉をわざわざ持ち出す時はある程度「動きが大きい」ということです。その動きが及ぼす影響を心配して、円高の時も円安の時もキャスターは困ったような顔をしているのでしょう。

ではその影響とは、一体どのようなものでしょうか。(次回へ続きます)

よくある質問集

株に関するお問い合わせの中でも、最も多く寄せられる質問とその回答を集めました。

一覧を見る